ブログ

片づけには家具が有効2019.05.16

収納で入れ物というと何をイメージされますか?

多分写真のような入れ物ではないでしょうか。
 
モノが少なければ、これらで間に合うかもしれません。

しかし、収納量は少なく、適切な使い方をしないと、これらを使ったばかりに却って出し入れしにくく散らかる原因に・・・。

今回は、狭い部屋ほど家具が有効なことをお伝えしたいと思います。

例えば、家を50戸建てたいけれど、狭い土地なので10戸しか建てられない、という場合、高いマンションを計画します。

モノも同じ、たくさんのモノを狭いスペースに収納するには上の空間を有効に使える棚の家具を考えましょう。少ない床面積でたくさんのモノを収納できます。いわば、棚の家具はモノたちのマンションなのです。

たくさん収納可能のほか、一目瞭然で、出し入れしやすく、部屋の掃除もラクでさらに部屋がスッキリ!

イラストのように一畳(90㎝×1m80㎝)に広がったモノを棚の家具に入れると、たったの90cm×40cmの床スペースだけで収まります。

「家庭も仕事もうまくいく一流の収納術」      ぱる出版 飯田久恵著より

よく、モノは捨てたくない、使いやすくスッキリしたい、でも家具は置きたくない、という声をよくお聞きします。しかしながら、ボックスや引き出しだけでは難しく、それを実現できるのは適切なサイズの家具なのです。

この記事では「入れ物はかごや引き出し→家具」という意識を持っていただければ、遠回りをせずに、収納量が多く、アクション数1~2で出し入れしやすく、掃除しやすく、部屋がスッキリ見え、やり直しがない収納を最短距離で可能にする、という意識を持っていただければ嬉しく思います。(飯田)