飯田久恵プロフィール

飯田久恵

整理収納は生きていく上で重要な「生活力」のひとつ。収納は、誰でも簡単にできそうな気がしますが、意外に、難しいものです。もしも実行されて自分では難しいと思ったら、お声掛け下さい。かならずお力になれると思います。
「気持ちよく生きるため」にお役に立ちたいと思っています。

  • NHKラジオスタジオ

    NHKラジオスタジオにて

  • NHK Eテレ

    NHK Eテレ「明日は晴れ!人生レシピ」収録後

講演会実績

【講演・セミナー・収納設計仕事実績】

株式会社ロイヤル 中国 万科マンション ブリジストン労働組合 富士通労働組合
丸紅労働組合 三井地所レジデンス スウエーデンハウス(株) タマホーム
東芝ソリューション(株) 東芝プランシステム(株) 朝日新聞社 毎日新聞社
東京新聞主催社 三井不動産レジデンシャル セキスイハイム 生命保険会社
銀行 伊勢丹 高島屋 東京ガス
大阪ガス 東京電力 (株)ダスキン 全国各住宅展示場
日本全国家政課教師協会
(大学・短大教授・高校教諭の方々対象)
(学校教育に整理収納は重要との認識で依頼される)
富士重工(労組) 東芝エレベーター(労組)
旭化成ホームズ 野村リビングサポート
近藤建設 三菱地所レジデンス 藤和不動産 コスモスイニシア

(敬称 略)などこれまでに講演やセミナーなど500回以上講師の実績がある。

飯田久恵 略歴

結婚前: コンピューターのプログラミングの仕事に従事
1973年頃から: 結婚後、夫の転勤もあり、多数回の引越を経験する。
朝は低血圧ですぐ動くことができず、また体力がなかったため、なかなか片づけができない自分に悩む。
1985年頃: 子育てが一段落したため何か仕事をしたいと思い、システムキッチンや収納家具の設計に従事。
この時にいくら収納家具などの入れ物を増やしても、片づけられない人が多いことを知る。
多く入ることが良い収納と考え、もっと収納場所が欲しい、またどこに何を入れれば使いやすいのかよく分からない、といった悩みをよく聞くこととなる。

整理収納のゆとり工房キッチン家具設計の経験から、「家の図面を使えばやり直しのない収納を実現できる」ということに気が付く。

生活評論家の故町田貞子先生との出会いがあり、先生のお考えを基礎として実際の片づけの手順を編み出すことに成功。
それが「モノが片づく5つのステップ」となる。モノが片づく5つのステップ

1990年: 間取りや使う人の違いがあっても「モノが片づく5つのステップ」が公式のように使えることを確認して、収納コンサルティングの会社「ゆとり工房」を設立。
収納の法則を理解してご指導できる新職種「収納カウンセラー」も確立させ、収納カウンセリングを開始する。

そして創業以来、自社主催の講座も開いている。
マンション・ハウスメーカーの、収納設計・提案の仕事やテレビや雑誌の仕事、執筆、講演、商品開発などの仕事も増え現在に至る。

さらに、片づけやすさを「収納指数」という数値で表すことを2001年に編み出し、その人にとって、無理しなくても片づけられる、分かりやすい、シンプルな収納を目指している。モシンプルな収納

2010年: 全国の収納で悩んでいる方々のために「収納カウンセラー養成講座」を開始。